カテゴリ:登山( 20 )
黒髪山
2011年12月に登った黒髪山です
なんだかブログに書いて改めて思い出しますが
ずっと曇ばかりですね^^;

この日も曇りでしたw
写真撮る気にもなれない天気ばかりです・・


コースは、乳待坊(ちまちぼう)展望台→登山口→見返り峠→黒髪山山頂→西光密寺・黒髪神社→見返り峠→登山口→乳待坊展望台

車は乳待坊展望台に停めれますが、紅葉シーズンはすぐに満車でしょうねー
トイレもあります

ここから登山口までの間に石仏があちこちありました


c0180824_0384548.jpg
低山とはいえ、けっこういい感じの登山道です

c0180824_0414286.jpg
紅葉は終わってる季節ですが、ここの紅葉はめちゃくちゃよさげですよ~

c0180824_043752.jpg

c0180824_044511.jpg
黒髪山といえば岩山、鎖場ですね
難しいことはないのですが、スリルがあっておもしろいです
いくつかの鎖場を越えたら山頂です
山頂はそんなに広くはないですが、岩の上で休む事が出来ました
曇空ですが、それなりに楽しめましたよ


c0180824_0471795.jpg
下に三角のおにぎり山が三つ並んでます^^

c0180824_0504538.jpg
こちらは魚眼レンズで撮ったものですが、魚眼らしくないですね^^

c0180824_054947.jpg
どんな色になるんだろうか

c0180824_0551111.jpg
あんなところに(;゚Д゚)でも、意外と行ってみるとそうでもないのですよ~

c0180824_0572091.jpg
乳待坊展望台から見たところです


今回は実は地図と磁石を持って行きませんでした
けっこう下ったところで、案内板があったので見てみたら全然反対方向に!
また登って戻ってみたけど、しっかりロストしちゃいました
しかも、誰もが通る簡単なところで(;´д`)
ほんのちょっと進んだところに道標あるのに見落とし何度も何度もウロウロ・・
恥ずかしかったです。反省

今度は紅葉の頃かな
でも、紅葉の頃に行きたい山っていっぱいあるんですよね
ここは多そうだな~

あ、神社が建て変わっていたので、新しくなったのを見たいな
あと、もうひとつ白山神社ってのがあったらしいけど、それも見てみたい
あ、太鼓岩不動尊ってのもどこかにあるみたいだけど・・
うーんほんとにまた行かなきゃ
武雄温泉も入ってないし(笑)
[PR]
by gon5on | 2012-07-14 01:16 | 登山
平尾台
本格的に歩いたのは初めての平尾台です
しかし残念なことに天気が悪くて、今にも雨が降りそうな空
というか、自宅を出る時は雨が降ってました
この日は朝は仕事で、登り始めたのも昼?昼前?とにかく遅いスタート
現地に着いてからは本格的に雨が降ることはなく、無事に降りてこれました^^;

しかし、青空がなく写真を撮る気にもなれない程に雲が分厚く、そして暗い(笑)
撮ってはみるものの、自分の技術ではうまく撮れない
そこで、HDRに挑戦しました^^

Luminance HDRというフリーソフトです。
ツイッターで教えてもらいました
フリーでここまで出来るのは凄いですが、なんせ英語版w
読めません(笑)
なんとか使いかを解説してくれるサイトに習ってやってみました


c0180824_8595829.jpg
ハバヤマボクチ。な、なにこれぇって感じでした(笑)
初めて見るような気がするけど、花屋さんとかでドライフラワーでないですかね?こんなの^^

c0180824_902274.jpg
右下のくぼみがドリーネ
ドリーネとは、石灰岩地域でみられるすり鉢状の窪地
地表の雨水が流れてきて溶けて窪んだり、地下洞穴が崩れて陥没したりして出来たもの

c0180824_905197.jpg
夕陽に照らされるピナクル


と、まあこんな感じです^^;
ソフトの設定を弄れば好みの仕上がりになるのでしょうけど
英語ですのでわかりません(笑)

ここまで出来れば、ちょっとしたつまらない写真も面白くなりますね~


ここからは
加工なしの写真を

c0180824_9463998.jpg

c0180824_9473349.jpg

c0180824_948328.jpg
キス岩
キスしてるように見えるでしょ~
なんとも古代のロマンチック

ピナクルっていいですよね、ほのぼのします
平尾台は約3億年前、赤道近くの海にできた珊瑚礁で、石灰岩が堆積し、プレート運動で今の位置まで移動しましたが、地下深く押しこまれ、マグマの熱を受けて結晶質石灰岩に変わりました。その後地表に出てきたようです。(コピペ)

c0180824_9541798.jpg

c0180824_9551887.jpg


同行してくれた友人のカメラはとても明るいレンズで、カメラのモニターで見ても綺麗に撮れてました
明るいレンズって、やっぱりこんな天気の時でも良く撮れますね、ほんとうに羨ましい~

昼間は曇ってたのに、日が暮れて暗くなってから星が見えてきました!
平尾台は夜の星の観察にもいいと聞いてましたが、この日も星について学びました
知らない事がいっぱいで、いろいろと教えてもらって感動でした

平尾台は、朝から歩けば、ぐるっと周遊出来て、けっこう楽しめるところです
見た目はたいしたことないですが、かなりきつい急登もあるし、気を抜くとすってんころりんなところもあって、
なかなかいいトレーニングになりました^^
[PR]
by gon5on | 2011-11-11 10:24 | 登山
オオキツネノカミソリ
ちょっと前になりますが、オオキツネノカミソリという花を井原山に見に行きました。
水無鍾乳洞がある登山口からちょっと登った所にたくさん咲いてました。

水無鍾乳洞には大昔行ったことあったのですが、何しろ夜中(笑)
こういうところだったっけな~と思い出しながら・・
付近の川にヤマメがいたけど、捌いたら虫がいっぱいで食べなかった若かりし頃^^;

8月に入ってから見に行ったのですが
ほんとうは7月の終わり頃が見頃だったようです^^;

カメラはK-rを持って行きました。

c0180824_1475531.jpg
PENTAX-A 35mm F2.8
登山道を登っていくと、ちらほらと花が現れてきて、どんどん周りが花だらけになります!びっくり。


c0180824_14141928.jpg
PENTAX-A 35mm F2.8
ず~っと奥のほうまで咲いているオオキツネノカミソリ


c0180824_141614.jpg
SIGMA-FISHEYE 16mm F2.8
ピント合わせに少々お時間をいただきます^^;


c0180824_1417123.jpg
SIGMA-FISHEYE 16mm F2.8
でもやっぱり好きだな~このレンズ
すごく寄れるし、わりと思ったように撮れる感覚があります。


c0180824_14203710.jpg
Samyang 8mm F3.5 Fisheye CS
風景撮るために持ってきてたけど、暗いところがちょっと苦手。
自分の技術では三脚が要ります^^;


また来年、見に行きたい花です。圧倒されました。
花を見に行こうか行くまいか迷ってた時に、ふと誘って頂いた方にも感謝。
ありがとうございました^^
[PR]
by gon5on | 2011-09-09 14:29 | 登山
難所ヶ滝の氷瀑を見に
先週行って来たんです(笑)

皆様、ご無沙汰しております
新年のご挨拶も遅くなりまして、こんな調子ですが
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます


今年はじめの登山は、難所ヶ滝というところです
宝満山から三郡山の縦走路からちょっと降りた所にあります
ここは毎年2月のはじめくらいから氷瀑が見れるのですが
今年はとても寒く、早くから見れて、しかもその形はどんどん大きくなっているそうです
今回は、いつもお世話になっているimasora家と朝5時半に待ち合わせして
まだ暗い6時半くらいから宇美町の昭和の森公園をスタートしました

スタート時はヘッドライトが必要でしたが、すぐに明るくなったのでちょっと物足りなく(笑)
久々の登山、嬉しい朝駆け、そして再会でベラベラ喋りながら登ってたら、
途中で沢を渡らなければいけない所を見落とし、そのまま進んでると倒木があり道は無い状態に
あれ?と思ったところで、後続の方が間違いを教えて下さいました。

難所ヶ滝と言われるだけあって、この登山道はとてもハードなのですが
雪が積もり、これだけたくさんの人が登って圧雪された道になるとゴロゴロした岩がフラットになり
え?と思うくらい楽な登りになるので、荒天でない限りはとても登りやすいと思います
当然ですが、アイゼンは必須です。無いと滑りまくりで登れないし、降りるときがかなり危険です

遊びながらゆっくりと1時間半から2時間くらいで登れるでしょうか
気がついたらこんな光景が

c0180824_12522328.jpg
これはすごいな~と、しばらく眺める

難所ヶ滝の続きはこちら
[PR]
by gon5on | 2011-01-29 13:43 | 登山
撃沈なのに充実
10月23日は大船山に登りました。
今水~東尾根~大船山~段原~米窪~風穴~今水というコースです。

この日は朝の天気予報でも晴れのち曇り
ラジオでもそう言ってた。

が、九重は天気予報なんてあてになりません(笑)
もちろんそんなことは山では常識
まあそのうちガスも抜けるやろ~と甘い考えで登りました。
最初から雨降ってるなら登らなかったんですけどね^^;

とにかくこのコースはハードでした。
最初は森の中なので外はよく見えません
東尾根あたりから視界が開ける予定ですがガスで見えません
しかもこの東尾根、そーとーきついです
ガスのせいで地面は濡れて滑りまくりです。

山頂に着きましたが、御池すら見えず・・・
でも山頂にはたくさんの人が登ってきてました。
やっぱり期待しますもんね~
段原で美味しい昼ご飯を食べていると、本格的な雨になってきそうだったので下山

米窪をグルッと回りながら紅葉も楽しむはずが(泣)
もう兎に角ここは狭いミヤマキリシマの中を歩くような感じで枝がひっかり痛い
しかも足から腰までびしょ濡れです。
米窪を過ぎてからは、ひたすら降るだけです。
こちらの降りは登りと違う地面ではあるけど、同じく滑りやすいし狭い。
いずれにしても、濡れてるってのがとてもよくない(笑)


写真は最初から撮る気になれませんでしたが撮りました(笑)
どこだかよく分かりませんが・・・

c0180824_2127344.jpg

c0180824_21285095.jpg
とりあえず一番見えた所で撮りました。
多分、他の人もここが一番見れたんじゃないかな?と思うくらいガスってて
他は全く見えない状態でした・・・

このコースは、下の方(登山口から前セリ)は途中で迷いそうになる事があります。
下山してて、早くから薄暗くなるので、ちょっと不安もありましたが
どうにか迷うことなく無事下山することが出来ました。
めでたし(笑)


今水登山口から登り始めてしばらくするとガラン台分岐てのがあって
入山公墓に行ける道がありました。
この墓に寄ってみたかったのですが、地図で見るとだんだん離れていく感じ
分岐から近いような勘違いをしていましたが、とりあえず進んでみました
しかし、やっぱり遠くなるようなので元の分岐に戻り、東尾根方面に進みました。
後でよくよく調べたら、入山公墓を通っても大船山には行けるんですね。
どちらが楽に登れるんだろうか(笑)

また、晴れた日にリベンジしたいと思います。
めちゃくちゃきつくて足が痛くなったわりには筋肉痛もなく
帰ってきても疲れてなかったのは、ゆっくり歩いたからかな?

それにしても、紅葉は残念でした。トホホ

c0180824_21532431.jpg

[PR]
by gon5on | 2010-10-27 22:12 | 登山
天気が面白い!
もう時期的には紅葉なのですが、紅葉直前のレポを今頃・・(笑)

10月10日と11日と坊がつるでキャンプをしながら歩いてまわったわけですが
9日、その前の日から天気は悪く、雲か雨かで心配していたのですが、やっぱりガスってまして・・
朝駆けの予定でしたが、自宅で仮眠をとり7時くらいから登ろうと計画したのですが
牧の戸に着いてもまだガスのまま・・・また仮眠(笑)
まあとにかく登ってれば晴れてくるやろうし、ブロッケンも見れるかもしれんと期待を胸に。

今回は星生山に行きました。
上からいろんな所を見てみたかったのです
でも、こんなガスでは見れるはずもないのにわざわざ登って・・
そのまま西千里ヶ浜歩いて久住分かれに行けばよかった。
とも思いましたけど、まあ今日はゆっくり坊がつるに夕方前には着いてればいいので
何も焦る事はないなと登って行きました。

長いので続きはこちら^^;
[PR]
by gon5on | 2010-10-17 18:08 | 登山
家族とともに九州本土の最高峰へ
一度でいいので登らせたかった。
去年の坊がつるキャンプの時に登りたかったが、時間的にも体力的にも無理だったので断念してました。

子供の成長と共にそれぞれ忙しくなり、家族みんなという時間がなかなか取れなくなってきました。
キャンプや登山を家族揃ってやるチャンスが少なくなるので、今のうち!ということで
またまたですが、九重へ(笑)

希望は朝駆けでした。
しかし、夜には雨が降っておりかなりガスってる様子
天気予報を見ても、どうやら気温も低く風もある様子
妻と話し合って、朝駆けは中止にした。
夏くらいの気温で満月ならば大丈夫だろうけど、ちょっと荒れてるのでヤバいかなと。

それに、僕が仕事から帰ってきたのは22時過ぎ
早めに行って牧の戸で仮眠するはずだったのですが、スキーとかと違って登山
あまり乗り気がしない子供たちは眠ってしまっていました(笑)

4時起きで6時半くらい?に到着
気温は0℃、かなりの強風で雲が流れていました。
マイナス10℃よりも寒く感じました。

c0180824_19244995.jpg
4月29日、まだまだ寒くて霧氷が!(笑)

こんな荒天で大丈夫なのか?? 続きはコチラ~
[PR]
by gon5on | 2010-04-30 20:27 | 登山
撃沈
27日、九重を朝駆けしてきました。
確かに寒かったですけど、それほど寒いなんて感じなかった。
それがそもそもの体の異変、つまり危険信号だったのでしょう(汗)

登ってる途中で足の付け根が痛くなりだしました。
まあしばらく登ってたらそのうち慣れてくるだろうと思っていたのですが
結局下山する頃は、岩を登るにも太ももを手で抱えて上げてやらないと登れない足に・・・

まあそれは仕方ないとしても
今回、もうひとつ悲しい出来事がありました。
それは、あまりの寒さにバッテリーが使用不能になったこと(笑)
寒いと使えなくなることがあるとは聞いたけど、まさか・・
動作はおかしいし、撮影後の処理中に電源が落ちるし
マイナス10℃、強風では落ち着いてゆっくり撮ることは出来ませんでした。

なので今回は撃沈としたわけですが、
それでもやっぱり毎回行く度に違う九重に魅せられてきました。
大変だったけど、とてもよかったです。



で、とりあえず携帯で撮ったものを・・・^^;
[PR]
by gon5on | 2010-03-29 18:57 | 登山
白と青の世界
雪の九重登山の続きです。

ものすごい良い天気
ほんとうにありがたいことです

c0180824_15583211.jpg
幻想的なオレンジ色の朝焼けを楽しんだら、今度は真っ青な空を楽しみます。

続きはこちらから~
[PR]
by gon5on | 2010-01-20 16:50 | 登山
あの世界を見てほしい
c0180824_23513229.jpg
まだ真っ暗ですが・・(笑)
朝6時過のお山です^^v


突然、僕の予定が変わった。
「よし、fine88さんと、九重を朝駆けしよう」
そう決めたのは数時間前。
ほんとうは、fineさんは、shin2608さんと朝から登る予定だったのですが、
都合が悪くて行けなかった僕は急に行ける様になり、チョ~素晴らしそうな天気予報を見て大興奮。
SHINさんに朝駆けにならんだろうかとお願いしルートやスケジュールを考えてもらう。
あとはfineさんが朝駆けやりたいと思ってくれる事を祈った。

お2人が計画している山行に割り込むのは申し訳ないと思ったけど
もともとSHINさんばfineさんと朝駆けに行きたいと前から言ってましたし
僕自身、先日もimasoraさんに九重に誘われてたけど行けなくてテンションダウンしてたんで、とにかく山には行きたかった。

そしてその願いは叶い、fineさんは朝駆けを快諾してくれ、雪の積もる暗い山道を登り、
九州本土の最高峰、中岳を目指しました。
朝4時過ぎスタート。
みんなろくな仮眠も出来ず(笑)
気温はマイナス5~7℃、風は無く雲も無く、ものすごい星に歓迎されながらのスタート。
2日前から天気がよくなって雪解けを心配したけど、アイスバーンもなく雪質は良かったです。

続きはこちら~
[PR]
by gon5on | 2010-01-18 10:12 | 登山