<< 福岡で見れたペルセウス流星群 東峰村竹地区棚田火祭り >>
濃霧
c0180824_11225356.jpg
先日、朝駆けとキャンプをしようと九重の大曲からスタートしたのですが
すがもり越えは強烈な風で、北千里には降りれず、引き返して志高湖まったりキャンプに変更
温泉や鍋や焚き火を楽しみ、素晴らしい週末を過ごしました~


そして数日後
まあこないだのすがもりで引き返すとか、そういうのが悔しかったわけでもなかったが
仕事が休めることになり、突発的にナイトハイク&ソロキャンプに行ってきました





スタートはやはり大曲から
先日行こうとしたコースを歩き、時間を測り、計画的な朝駆けとキャンプをしようと思ったから
今回は、いつもの(そんなせんけどw)チャリデポ
牧の戸にチャリをデポして、大曲や長者原からスタートして牧の戸に下山して、チャリで降るw
同行者がいる場合は牧の戸に待たせておいて迎えに行く

天気予報では晴れると出ても、山ではそうはいかない
牧の戸に着いたらとても濃い霧・・・
風もなんとなくこないだより強い
風が止んでガスが抜けて・・・それからスタートしようかなと、まったりしてしまった
ハッと我に返り、今スタートせな待ってたら星さえも撮れないし、キャンプもゆっくりでけんw
ガスの不安はあったが、大曲ではそうでもなかったので準備開始して、スタート

すがもり越えは、わりと不気味
先日、突風が吹いた場所に来たら、やっぱり突風きた
しかも、先日の強風に更にガスまで加わった最悪なコンディション・・

ヤバイなら引き返す

ずっと頭の中はそれだけ
去年ここを歩いた時、長者原ではこの風くらいの強風だったけど、登ると止んだ
まあ山に前例は通用しない

それにしても、だんだんと濃くなるガス
時折漂ってくる硫黄山の匂い
冗談抜きで、2m先が見えないくらい
ヘッドライトをスポットにするも、霧で光が拡散してダメダメ

真冬なら、吹雪
帰るに決まってる(笑)

途中までは何なく行けたが、案の定・・・・・ロスト
これは硫黄山の方に向かってるねw
普段見ない大きな岩もあるし、黄色のペンキマークがどこにも無い
少し降って進行方向を左側に移す
すぐに黄色のペンキマークが現れた
いつもは塗りすぎだろ!と思った黄色のマーク
とてもありがたかった

迷ったとはいえ、もうほとんど上の方まできてるし、あともう少しですがもり小屋
とりあえず小屋まで行って、それからまた考えよう

そして、やっと小屋
てゆうか、ここ屋根がないのがウケる
誰かいないかな?と期待したけど誰もいない
ちょっと座って休憩しながら、こないだのビバークを思い出しながらニヤケた

相変わらず風が強いが、なんとなんと星空が見えてきた(゚∀゚ )
と同時に風も穏やかになりつつあり、不安もなく北千里に降りて行けた
流星も見たかどうか記憶にないが、雲間に見える星は本当に綺麗だった

はやく坊ガツルに行きたい
そしてこれからもっと見えてくるであろう星を見たい
担いでる凍らしたビールがいい塩梅に溶けていることを願いながら
法華院山荘に降りて行った

なんとか無事、坊がつるに着いて、タープを張って寝転んだ
ビール飲みながらものすごい星を見て、天の川見て、流星見て、撮りまくって

寝た。

恐怖の後のこの幸せ・・


写真は次回w
[PR]
by gon5on | 2012-08-21 11:54 | キャンプ・登山
<< 福岡で見れたペルセウス流星群 東峰村竹地区棚田火祭り >>