<< 旧唐津銀行本店 OLYMPUS-PEN EE-3 >>
D.Zuiko 28mm F3.5をデジカメで
OLYMPUS-PEN EE-3のレンズD.Zuiko 28mm F3.5をE-PL1で使いたくて分解してましたが
なかなか思うようにはいかず、ちょっと失敗もありましたが、なんとか完成しました^^

c0180824_1650588.jpg
けっこうバラバラにしましたが、レンズ周りだけです^^
レンズのマウントは、右下にあるカメラのボディキャップを利用します。
レンズを取り付けやすいように、EE-3の部品も再利用します。

c0180824_16533533.jpg
レンズをボディキャップに取り付けた状態です。
絞りレバーも付いたままです。

c0180824_16571196.jpg
で、完成です(゚∀゚)
が・・・
この状態では、フランジバックが適正な位置ではなく、20cm先のものしか撮れないマクロ専用レンズになってしまいました・・
それはそれでよかったのですが、EE-3は固定焦点というのが売りなので^^

c0180824_1725473.jpg
結局、付けておきたかった絞りや取り付けのリングは全部外して、ボディキャップも大きく穴を開けなおしました。
穴は約23mmだったでしょうか、1枚目の写真のボディキャップに付いてるリングの内径の穴を開けます。
僕は23mmの穴を開ける工具は持ってなかったので、写真の金具を付けた状態で、ゴリゴリとキリで傷を入れて開けました。

c0180824_17112353.jpg
絞りは、レンズを裏にすると、2つの穴があるのでそれを回します。(僕はピンセットを使いました)
回したら一枚のレンズがはずれ、絞りはネジを取れば外れるようになってます。
これを取ったら光が入りやすくなるので、僕はホットボンドで埋めました。

c0180824_1716509.jpg
最終的には、絞り無しのシンプルな状態の取り付けでパンフォーカスが出るようになりました。

パンフォーカスと言っても、絞りも外してしまったので絞ることができませんので
被写界深度は浅いままで、ピントは2~3mの間で合います。
なので、当然のことながら2~3mの手前や、それ以上先はボケてしまいます。
被写体は常に2~3mの位置に来るように自分で動いてピントを合わせます(笑)
でも、このカメラの特徴である固定焦点はストレスたまっちゃいますね^^;
ピントが合わせれて、ズームも出来ちゃうレンズってなんとありがたいことでしょう。

あとはアップ出来る様な作例を早く・・・(笑)
[PR]
by gon5on | 2010-06-28 17:41 | カメラ・レンズ
<< 旧唐津銀行本店 OLYMPUS-PEN EE-3 >>